登美ヶ丘画像診断クリニック

お問い合わせ・ご予約はこちら TEL0742-52-6221
■診療時間:月・火・水・金 9:00~19:00 木・土・日 9:00~17:00
※日曜日は予約状況により時間が変更する場合がございます。お電話にてお問い合わせください。
ご挨拶
当院は、地域医療機関の皆さまと緊密な連携をはかり、迅速で正確な画像診断を提供してまいります。
患者さんに優しく、精度の高い画像診断を提供すべく、トレーニングされた診療放射線技師、放射線科医が勤務しています。地域の画像診断センターとして、末永くご愛顧たまわりますようお願い申し上げます。
登美ヶ丘画像診断クリニック
診療方針
●高度画像診断機器を地域の医療機関の先生に提供し共同利用を促進します。
●放射線科専門医が検査を実施し、ご依頼いただいた先生方に読影結果を速やかに返却します。
●読影結果は、キー画像付きの読みやすい質の高い診断レポートを提供します。
●主治医の先生と放射線科専門医のダブルチェックにより医療の質の向上を目指します。
●検査依頼から数日以内に検査を行い、早期の診断、治療を可能にします。
●緊急検査や緊急読影にも対応します。
施設のご案内
MRI<磁気共鳴画像診断装置>
GEメディカルシステム社製 MRI
1.5テスラ(T)の高磁場超電導型MRI装置で、特に脳神経外科領域や整形外科領域に有用です。
また、全身領域に対応した患者さまの負担を軽減できる機能が多く搭載されており、質の高い検査、診断が可能な高精度MRI装置です。
MRI検査とは
MRI(Magnetic Resonance Imaging :磁気共鳴画像)
MRI検査は、強力な磁石と電磁波を利用し、様々な方向から身体の断面を撮影することができます。

主に、頭部、脊椎(背骨)、腹部(肝胆膵脾腎)、骨盤部(子宮卵巣、前立腺)をはじめ、整形領域(四肢・骨)など様々な検査と病気の診断が可能です。
また、お薬(造影剤)を使わずに血管(MRA:MR Angiography)を描出することができます。

CTのようにX線を使用しないため、放射線被ばくの心配がありません。
MRI検査の注意事項
●検査時間は約20~40分です
検査部位や患者さまの状態によって所要時間が異なります。
●MRI装置は筒型のため、トンネルの中に入っていただくようなイメージです
閉所恐怖症やパニック障害など狭い空間が苦手な方は事前にお申し出ください。
●検査中は工事現場のような大きな機械音がします
鼓膜を保護するために耳栓や耳あてをしていただきます。
●検査中は動かないようにしてください
通常の写真撮影と同様に、動きの影響で画像がブレてしまうことにより正確な診断ができません。
●緊急用ブザーをお渡しします
検査中に気分不良や痛みなどで動いてしまいそうな時は、ブザーでお知らせください。
次のような方はMRI検査を受けられないことがあります。※必ずスタッフに申し出てください
1.心臓ペースメーカーが留置されている方
2.人工内耳、人工中耳の方
3.血管へのステント置換術を8週間以内に受けられた方
4.古い人工心臓弁の手術を受けられている方
5.眼に微細な金属片が入っている(または入っていると疑わしい方)
6.チタン製以外の脳動脈瘤クリップが入っている方
7.金属の義眼底の方
8.骨折によりボルト固定がされたままの方
9.躯幹全体に入墨のある方
10.避妊リングを体内に入れている方
11.妊娠中、妊娠の可能性がある方
 
4、5、6、7については手術日時が古くカルテも保存されていない場合が多いために患者様ご自身でも材質がわからないケースが多く見受けられます。
当クリニックでは術後10年をひとつの目安としてそれ以前に施行された手術による人工物が体内にある場合には基本的にMRI検査はお勧めしないことにして おります。但し、製造メーカー、手術をされた病院などがわかれば問い合わせて材質が確認できる場合もありますのでご相談ください。
10について
検査部位に近い場合、画像に影響が出る場合があります。
詳しくは当クリニック放射線科医にご相談ください。
※頭部、特に眼の周辺の検査の場合に、お化粧を落としていただくことがあります。
瞳の色を変える目的のカラーコンタクトレンズは材質的に金属が使われている場合がありますのではずしてご来院いただくか、検査前にはずしていただきます。

※金属(磁石に付くもの)を身体に身に着けていると、画像が乱れて検査に支障をきたすだけでなく、MRI装置に金属が磁力で引っ張られて、飛んだり、装置に 引っ付いたりするので大変危険です。また、下着で、金属のワイヤーが入っているブラジャーやボディスーツ等は着用していただくことは出来ません。
お着替えについて
検査は検査着に着替えて行います(一部の検査を除きます)。
下記のものは検査室への持込厳禁ですので注意をしてください。
眼鏡/ピアス・イアリング/ネックレス/ヘアピン/腕時計/鍵/入れ歯/携帯電話/磁気カード/エレキバン/使い捨てカイロ
食事制限について
腹部の検査および造影検査を受ける方は、検査予約時間の4時間前から絶食してください。
また、水、お茶などの飲水は可能ですが、ジュースや乳飲料、酒類は控えてください。
※注)現在、造影検査は休止中です。
お薬について
常用薬を服用されている方は、主治医の指示に従ってください。
CT<コンピュータ断層診断装置>
GEメディカルシステム社製CT
64列のフルデジタル検出器と、被ばく線量や金属による画像への影響を低減させる独自技術のソフトウェアを搭載した『低被ばく・高速・高画質』のマルチスライスCTです。
CT検査とは
CT(Computed Tomography:コンピュータ断層診断装置)
CT検査は、X線(エックス線)を利用し、身体の断面を撮影する装置です。
主に、頭部、胸部(肺・縦隔)、腹部(肝胆膵脾腎など)をはじめ、整形領域(四肢・骨)など様々な検査と病気の診断が可能です。
CT検査の注意事項
•検査時間は約5~10分です。
•検査部位により更衣が必要な場合があります。また、金属やプラスチック類、貼り薬などは外していただきます。
•妊娠中または妊娠の可能性がある方は、放射線被ばくがあるため検査をご遠慮いただきます。
•心臓ペースメーカーなど体内金属がある方は、撮影前にお申し出ください。
食事制限について
腹部の検査を受ける方は、検査予約時間の4時間前から絶食してください。
また、水、お茶などの飲水は可能ですが、ジュースや乳飲料、酒類は控えてください。
お薬について
常用薬を服用されている方は、主治医の指示に従ってください。
3D Mammography<デジタルマンモグラフィトモシンセンス>
3Dマンモグラフィ
通常(2D)のマンモグラフィでは描出困難な病変を鮮明に撮影できる「トモシンセシス」。特に乳がんの発見が難しいとされている高濃度乳腺(デンスプレスト)に有用と言われています。当院では、通常(2D)のマンモグラフィを併せて撮影することにより、より正確な診断が可能になりました。
※奈良市乳がん検診、精華町乳がん検診をご希望の場合、トモシンセシス(3D)撮影は適応外のため通常(2D)撮影のみです。
当院では通常(2D)のマンモグラフィにトモシンセシス(3D)を
併せて撮影することで、より正確な診断が可能になりました!
今や乳がんは、日本女性の9人に1人が発症すると言われていますが、早期発見・適切な治療により完治が望める病気です。
マンモグラフィは初期症状である微細な石灰化を描出することができます。
通常(2D)撮影では、圧迫することで乳腺の重なりを少なくし、病変を鮮明に描出することができます。しかし、日本人女性は高濃度乳腺(デンスプレスト)が多く、通常(2D)のマンモグラフィでは乳腺内の「しこり」の描出が困難でしたが、トモシンセシス(3D)では複数の角度から乳房を撮影して画像データを収集し、再構成により1mmスライスの断層像を得ることで乳腺内に隠れている情報を識別することができます。
乳がんの早期発見のためには、普段からの自己検診と定期的なマンモグラフィをおすすめします。
※奈良市乳がん検診、精華町乳がん検診をご希望の場合、トモシンセシス(3D)撮影は適応外のため通常(2D)撮影のみです。
診療内容
放射線科
高度画像診断機器による紹介検査
高度画像診断機器を利用した健康診断・人間ドック
診療時間
月・火・水・金 9:00~19:00
木・土・日 9:00~17:00
※日曜日は予約状況により時間が変更する場合がございます。お電話にてお問い合わせください。
登美ヶ丘画像診断クリニック 0742-52-6221
奈良県奈良市中登美ヶ丘6丁目3番3号 リコラス登美ヶ丘A棟3F
お問い合せはこちら
医師紹介
大中 恭夫 院長
昭和61年 滋賀医大卒業
同年5月  滋賀医大放射線医学講座入局
平成元年  同助手
平成7年  大阪済生会野江病院副医長
平成14年 同部長
平成25年 登美ヶ丘画像診断クリニック院長
平成25年に当院に赴任してきました。
大阪に生まれ、滋賀、大阪で働いてきました。まさか,奈良で働くとは思ってもみませんでしたが、観光では奈良にはよく来ていました。電車に乗っていると普通に古墳があることには驚かされます。まだまだ訪れていないところも多く楽しみにしています。

さて、仕事の話に変わりますが、CT検査とMRI検査の使い分けについて少し考えてみました。

CT検査は造影剤を使用しないと有用でないとされるという意見も少なくありませんが、そうでもないと思っています。
CT 検査でもシルビウス裂や脳室の大きさの評価で髄膜炎やくも膜下出血、正常圧水頭症などの診断が可能です。梗塞も、島皮質など濃度で診断できることは少なくないです。もちろんMRIの方が優れているところが多いとは思います。検査時間は圧倒的に短く造影剤を使用するリスクもなく、コストも低いです。

胸部は圧倒的にCT検査が優位です。腫瘍の浸潤などの評価にはMRI検査が利用されることは多いです。

腹部も非造影で診断できることも多いです。腹水やリンパ節腫大、病変と周囲の脂肪組織との境界の不鮮明さなどで診断します。ただし小児や痩身の方は体内脂肪が少なく有用でないことも多いです。

MRI検査の依頼がどうしても多くなっていますが、CT検査も捨てたものではありません。

今後ともよろしくお願いします。

高度画像診断器の共同利用システムについて

高度画像診断機器を地域の医療機関の皆さまに提供させていただき、共同利用を促進、
医療の質の向上を目指しております。